FC2ブログ
2018. 09. 30  
追熟させていたコクワが柔らかくなった。

甘酸っぱくて美味しいです。

込み合っている枝を整理して、来年は沢山収穫できるようにするぞ。


DSCN5944.jpg




しつこい雨でミニトマトが全て裂果します。


間引いたキュウリなどと一緒にサラダに。



DSCN5942.jpg




ミニ豚カツ揚げて..カツカレー






DSCN5943.jpg


今は嵐の前の静けさか、雨は降っているが風は無い。

大雨警報は既にでてます。

スポンサーサイト
2018. 09. 29  
秋雨前線と台風の影響で雨。

台風がカックと曲がって本州直撃ですね。

明日の昼頃に最接近するらしい、出かける用事があるので困る。



脂の乗りもほどほどで、今年はサンマが美味しい。

サトウハチローさんと言う詩人が、かなりの昔にエッセイでこんなことを言っていた様な。

サンマは皮とはらわたが有ればよい。

まずは皮で酒を飲み..身は食べず...

とかなんとか。

あれ以来、マネして皮とはらわたで酒を飲むが..

身は勿体ないので、飯で食う。




DSCN5938_2018092909501568d.jpg




モロヘイヤもそろそろ終わり、花が咲き実が出来てます、これらは有毒なので食べれません。

玉ねぎと桜エビでかき揚げに。



DSCN5933.jpg


栗を入れた茶碗蒸し、栗を食うには茶わん蒸しに限る。

DSCN5935.jpg




それと栗ご飯。



DSCN5934.jpg









2018. 09. 28  
秋どりキュウリに実が付き始めました。

雨と曇りが多く、日照時間が少ないのでこの先どうなるか分からないが、頑張ってほしいもんです。




DSCN5930.jpg


ゴーヤの葉っぱも蔓も実も、まだまだ青々と、してます。

きれいさっぱり片付けたいのだが、もう少し待てと、まだ許しが出ない。




DSCN5931.jpg




甘エビ、刺身で甘い。



DSCN5926.jpg





殻は焼いて。




DSCN5928.jpg




鶏のチリソース炒め。



DSCN5929.jpg


市販のタレで作ったがなかなかいけます。




2018. 09. 27  
新鮮な沖キスで干物を作った。

立て塩に一時間浸けて、ピチットシートに挟んで冷蔵庫で二日間。

いい感じの生干しができました。

オーブントースターで焼く、市販品には無い抜群の旨さです。



DSCN5919.jpg



黒酢の酢豚。

アナグマで作ると嫌がるので、豚の肩ロースで。

甘酸っぱさが体に染み込みます。



DSCN5920.jpg



冷や飯たまったのでニンニクたっぷりの炒飯を。




DSCN5921.jpg




中華スープの素でスープを、カブの間引き菜を入れた。



DSCN5924.jpg




大根の間引き菜でおひたしと里芋の煮物。

間引き菜は沢山あるので、茹でてから冷凍しておいた、色々使えて便利です。




DSCN5922.jpg

2018. 09. 26  



栗の季節になりました。

DSCN5910.jpg



レンコンも美味しくなりました。

スライスしてあく抜きに酢水に浸けて。


DSCN5911.jpg




キンピラにする。




DSCN5918.jpg



たまにはナポリタン。


パセリの代わりにバジルをトッピング。





DSCN5916.jpg



2018. 09. 25  
大根 カブ それに葉物野菜の間引き作業をしなければならないが、とにかく蚊が多くて嫌になる。

暑い盛りに居なかった分の反動が厳しい。


粗挽きの合い挽きミンチで、ハンバーグ作る。

卵は二つ。



DSCN5907.jpg


秋っぽいものと言えば、カシワとキノコの炊き込みご飯。


今は鶏肉と言うが、子供の頃、大人は普通にカシワと言っていた。


以前、娘がスーパーで買い物をしていたら。

お年寄りの男性に..

カシワの肉を売ってる場所は何処ですか?

と聞かれたらしい。

鶏肉売り場に連れて行ってあげたら、喜ばれたと言っていたのを思い出した。

それにしても、カシワという言い方をよく知っていたなと思う。


ブラウンマッシュルームを入れると味に深みがでますね。


DSCN5909.jpg




なめこと大根の間引き菜の味噌汁。

間引き菜の食感がいい。


DSCN5908.jpg

2018. 09. 24  
春分の日、おはぎを作ってお供えしますが。


おはぎ担当の娘が、今年は仕事の都合で彼岸は来れないとの事。



なぜだか彼女は春の牡丹餅と、秋のお萩は必ず義務の様に作る、作るのはあんと黒ゴマときな粉の3種類です。

かみさんに なぜ決まったように作る? と聞いても、わからんと言う。


娘がこだわっている指定の店の粒あんも買って用意していたが。



かみさんもジジイも作る気起きないので今年は...パス!



しかし何もないのもあれなので、沢山あるナスで昔懐かしいお焼きを作る事にした。



粉は中力粉、捏ねるの簡単。


DSCN5901.jpg



中身のあんは茄子の味噌炒め、ちょっと甘めに...これもサッサと簡単。



DSCN5900.jpg


捏ねてできた皮で茄子のあんを包んで丸める、肉まんの感じで包むが、天地は逆さまにする。


そろそろ肉まんの季節ですね、次は肉まんを作るか…



DSCN5902.jpg



フライパンで蓋をして、ごく弱火でゆっくりと焼く、火が強いと直ぐ焦げるので。



DSCN5903.jpg



お供えして冷めた頃が食べごろです。


焼きたて熱々は 手も口も地獄。



DSCN5905.jpg


子供の頃は冷めたお焼きを、暖かい竈の灰に入れて温めていたが、思い出されて懐かしい。。。





2018. 09. 23  
早いもので昨日は狩猟者登録申請の日でした。

支部の会員が公民館に集まり、書類を書いて提出、そしてお金を払う。


今日の最高温度は28℃らしい、もう暑いのはやだな!




サルナシを小分けして冷蔵庫で熟成させます。

一部はリンゴと一緒に入れて、急ぎ熟成させてみましょう。



DSCN5896.jpg




ゴーヤジャムの仕上げ。

真空パックにして高温殺菌しました。

このまま常温保存が可能になりますので冷蔵庫の邪魔になりません。



DSCN5897.jpg



彼岸の料理 煮しめです、ご先祖様にお供えしてお相伴します。

こういうのはかみさんが必ず作る。






DSCN5898.jpg



ついでに近所から頂いた蔓紫でお浸しも作っていた。


昨年ももらったが、かみさんは食べ方が分からないと言って触らなかったのに。

最近それでも時々パソコンをいじっているみたいなので、クックパッドか何かで調理方法を調べたかもしれん。


葉っぱと茎と分けて調理していた、それぞれ違った味付けだったが。

青臭さがあまり好きではないので、両方ともポン酢をかけたら食べやすくなりました。




DSCN5899_2018092309125657e.jpg



今朝見たらば、かみさんは自分の作った蔓紫料理を食べてなかった。

まるっぽ皿に残してました。

やっぱり、青臭さかったんでしょうね。。。









2018. 09. 22  
庭で育てている大実サルナシ(サルナシはコクワとも言う)が今年は多く実がなりました。


収穫時期がわからないので調べてみると、今の時期がよいらしい。




DSCN5893_20180922093755307.jpg


実を触ってみると固いが、中には柔らかい実もある。

柔らかい実を食べてみるとものすごく甘く美味しい。

硬い実を試してみると、これは無茶苦茶酸っぱく不味い。



キウイと同じように収穫後に追熟させると甘く美味しくなるのだという。

木の下を見ると、熟れすぎた実がポロポロ地面に落ちてます。

これ以上落ちると悔しいのでみんな収穫しました。

思った以上に採れたので、洗って笊揚げして乾かしてから追熟させます。

サルナシ酒も考えたが、キウイよりも美味しいので、生食することにします。



DSCN5894.jpg


昨日は食欲が無い。

アッサリしたスパゲティならと作り始めた。

トマトベースのソースで仕上げ、パルメザンチーズを振りかける。

何か物足りないのでブルーチーズをタップリ...

アッサリどころかコッテリパンチの効いた、スパゲッティーの出来上がり。




DSCN5890.jpg



コッテリ過ぎたので、レタスにキュウリにウインナーサラダ。





DSCN5891.jpg





2018. 09. 21  
黄色く熟れたゴーヤは順次冷凍してお来ます、そのままだと直ぐに腐ってしまいますので。

溜まったら、まとめてジャムに加工する。

鍋に入れて砂糖を振りかけてそのまま放置。

ゴーヤが溶けて砂糖と馴染んだら煮詰めていきます。



DSCN5887.jpg




アカエイが安い。


DSCN5885.jpg




煮付けが好き、皮を除いてムニエルもいいです。





DSCN5886.jpg


ナスの切り戻しをしていましたが、ようやく秋ナスが実り始めました。



DSCN5889.jpg



大根も雨が多いので、やや徒長ぎみですね。



DSCN5888.jpg



プロフィール

天心坊

Author:天心坊
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR