FC2ブログ
2018. 01. 31  
十数年前に店で作っていたカヌレというお菓子、その型と蜜蝋が出てきました。


DSCN3855.jpg


一時期に一世風靡したお菓子ですが最近はあまり聞きませんね。

独特の銅の型と精製した蜜蝋を使う、修道院で作られ始めた、外側がバリっとして独特の食感です。

材料と作り方は至って簡単だがその割には奥が深いです。

型に蜜蝋を溶かし入れて薄く内側に幕を作る。


DSCN3858.jpg



配合した材料を流し入れてオーブンで1時間焼くと出来ますが。


DSCN3860.jpg


失敗作がこれ、上下の熱のバランスが悪く下から生地が持ち上がり底が焼けていません。

昔は業務用の大型パン窯で焼いていたのですが。

今は小型の家庭用オーブンなので温度配分の初期設定が間違っていたみたいです。

全体が焦げ茶色でバリっと仕上がらないと駄目、出来るまでリベンジです。


DSCN3863.jpg




今夜のお惣菜用に大根と辛味大根を抜いた、大根も辛味も成長遅れてミニサイズです、でも柔らかい。


DSCN3866.jpg


その大根と葉っぱを鯖の味噌煮缶詰と炊きました、青菜が少ない今時なので葉っぱも貴重、作り立てよりもさまして冷たい方が旨いです。


DSCN3876.jpg


紫色の辛味大根初めて作りましたが色鮮やかで辛味も強烈で中々宜しい。


DSCN3874.jpg


刺し身に添えても好し、大根だけを肴にチビチビつまんで飲めます。


DSCN3875.jpg



解凍していた野生の肉で煮豚作ります。

DSCN3868.jpg


ひもで縛って 市販のタレ入れて。


DSCN3869.jpg


銅鍋に入れてストーブの弱火で1時間、そのまま冷まして寝かせたら出来上がり。


DSCN3870.jpg

スポンサーサイト
2018. 01. 30  

今日も降ったり止んだり、沢山積もるほどではないが、パソコン叩きながら窓から見える外はこんな感じ。

DSCN3854.jpg


DSCN3852.jpg




昨日用事で出かけた場所の近くに 寒鮒の元締め的な所があるのでのぞいてみたら。

沢山の活鮒を生簀から取り出している最中でした、一本所望して持ち帰り。



DSCN3840.jpg



〆て捌いてアラは味噌汁用に。


DSCN3841.jpg


半身を自分好みの刺身に造った 半身だけでも普通刺身で売ってる3倍はあります、一本買いはかなりお得です。

残りの半身はアルミに包んでチルド室へ。


DSCN3846.jpg




ついにありました半額カレイ、無意識に手が伸びて買い物かごに。


DSCN3842.jpg



ゴボウと一緒に煮付け、今期の初物。

DSCN3844.jpg
2018. 01. 29  
昨日はみぞれ、今日は雪。

やっと雪が治まった思ったらまた降りやがります。

前日は一日寝床でぐうらた決め込んだおかげで、あくる日は気分良し。

前もって数日前に外の倉庫に放り出して置いた獣の肉を、いじろうと取りに行ったら半冷凍状態。

暫く放置してからぶった切って赤ワイン煮込みに。

DSCN3837.jpg

余っていた赤ワインと自家製ブドウ汁をタップリ使ったおかげで、まずまずの出来。

最近やたらと ジビエだ.ジビエ料理だなどと新聞 雑誌やテレビ等で、はやり言葉の様に聞きますが。

この言葉は嫌い、おしゃれのつもりだろうか?


有害鳥獣駆除で捕獲した動物でもジビエ...

山奥でジジイ猟師とババアが作る鍋でもジビエ...

なんでもかんでもジビエでまとめるな。



生クリームが残っていたので残処理にウニパスタ。

生クリームが多すぎてちょっとしつこいスパゲティになった、多ければいいてもんじゃナカッタ。

DSCN3838.jpg






2018. 01. 28  
土曜日の朝、頭がどんよりして鬱状態。

布団も敷きっぱなしで寝間着で過ごす事に決め込む。

たまに階下に降りるときはわざとらしくゲホゲホと咳をついてみたりして、背中を丸めてトイレに向かう。

後は寝転んでテレビを見ているだけだがどれもこれも面白くない。

外は雪がちらついております。

時々思い出したようにアンがどたどたと階段上がってきておやつをねだる。

暗くなったら嫁はんが鍋焼きうどんを作って持ってきた。



DSCN3835.jpg



今日は雪も一段落したようだし灯油も残り少なくなってきたから町まで出かけてみるかな。


2018. 01. 27  
峠の道はツルツルのアイスバーンに間違い無い、なので買い物に行く気も起きず、相変わらず冷凍ストッカーの発掘します。

魚系が無いかと探すとアルミホイルに包んだレンコ鯛が出てきました。


DSCN3818.jpg


鰓と内臓はツボ抜きできいに出してあります、何のために何時入れたか思い出せないままに、3枚に下してみた。


DSCN3820.jpg


昆布締めにしようと小さい骨を抜いている時に思い出しました、お正月の吸い物用にストックして忘れていたことを。


DSCN3821.jpg


3時間ほど〆たらよい塩梅にできた、皮付きにしたので皮の感じが



DSCN3827.jpg


ついでにジンギスカン用のラム肉も見っけ


DSCN3822.jpg


これも数年前に入れた覚えがかすかにある、パックから出してみたが全然問題無し。

タレに漬け込んで久々にジンギスカン。


DSCN3823.jpg

2018. 01. 26  
今日も吹雪いたり止んだりの繰り返し 外は氷点下です、家の前は北からの風が吹きすさび極寒。

ハリスホークの凛は夜は必ず家の中の暗箱で休ましております。


平成17年生まれの12歳。


DSCN3817.jpg


この2日間はあまりの寒さに丸2日間この暗箱の中から出してません。


DSCN3815.jpg


もちろん飲まず食わずですが、猛禽類は相当の断食に耐える生き物で問題ありません。

今日は吹雪の止み間に餌を食べさす為に出しました、様子をみて早めに暗箱に戻します。


明るい所に突然出たので餌を掴んだまま暫く放心状態でしたが食べ始めました。


DSCN3816.jpg



昨日は簡単なつまみ。

蒲鉾

DSCN3807.jpg


コンニャク


DSCN3808_2018012611432258d.jpg





最近PCの更新がやたらと多い、下手すると数十分掛かりますし…終わった後は何処かが微妙に変わっていて戸惑うことが多い。




DSCN3812.jpg


好い具合に変わるのは構わないが迷惑の方が目立ちます。





2018. 01. 25  
どうせ大した事はないだろうと高をくくっていたが、思わぬ低温と雪が続いております。

今日は風が無いのでこのまま降り続けると結構積もりそうです。

昨日は豚ミンチと玉ねぎでシュウマイのタネを作り、1センチ角に切った角煮と共に包んで肉まんに。

DSCN3803.jpg


これを10個作って蒸し器で蒸せば出来上がり。


DSCN3804.jpg


まずまずの出来上がりだが、もう少し工夫が必要です。


DSCN3806.jpg

2018. 01. 24  
ガッツリ冷え込んでおります。

ダルマストーブの煙の引きが徐々に悪くなって来ていましたが、昨日は煙が逆流しだした。

今日は吹雪の中、高所恐怖症のジジイは仕方なく煙突掃除しましたが案の定煤がたっぷりと。

外の寒さにも慣れたので、ついでに薪も割って在庫作って置きました、これで暫く安心して暖がとれます。

昨日は〆ていたサバを握りにした、昆布で〆ていたので旨味が乗っております。


DSCN3799.jpg


すり生姜で...

DSCN3802.jpg


角煮も焼酎のあてに辛子と山椒をふって。

市販のタレで初めて作ったが良く出来ております、これならまた作ろう。



DSCN3796.jpg


冷え込むので畑のカブを抜いてきて 片栗粉でトロミを付けて溶き卵を流し込む、寒い夜には温まります。



DSCN3797.jpg





2018. 01. 23  
未明に雷さんがゴロゴロと一発かましてきました、それからは台風並みの強風です。

午後からは雪になるらしい、それからは数日⛄マーク。



昨日のテレビは関東地方の大雪で大騒ぎ。

そんな時にキッチンドリンカーのジジイは...


DSCN3789.jpg


野生のお肉と、市販の角煮のタレを用意して...


DSCN3784.jpg


1時間コトコト炊いて角煮作り、これは後日、角煮の肉まん作るつもり。


DSCN3786.jpg



先日の黒酢の酢豚に味をしめて、今度は酢鶏を作ります、人参と余っていたレンコンも入れてやった。


DSCN3792.jpg


酢鶏に使った鶏肉の切れ端と皮で里芋を炊いた。


DSCN3793.jpg


定番の卵焼き。



DSCN3794.jpg


雪が降る前にイモ焼酎を買いに行きます、大雪になると出たくないから。

たぶんいつものふるふる詐欺だと思うが、一応警戒しておきます。


DSCN3795.jpg



2018. 01. 22  
ホームセンターに濾過機用の透明のビニールホースを買いに行った、内径22ミリを3メートル。

帰る途中にJAのスーパー寄り道。

鮒の刺身をチェックします、切り方が気に入ったいったので1パック購入。


DSCN3780.jpg


隣に並んでいたアラも鷲づかみ。


DSCN3774.jpg


お酒多めに入れた水にアラを投入。



DSCN3775.jpg


強火で煮立たせ灰汁を丁寧に取る。


DSCN3776.jpg


とにかく強火でないと生臭さが残るんです。

しばらく煮込んでから味噌とネギを入れて出来上がり。


DSCN3783.jpg


寒いこんな日には寒鮒の旨さがしみ込みます。


家のかみさんは刺し身も味噌汁も絶対に食べません❕





プロフィール

天心坊

Author:天心坊
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR