FC2ブログ
2016. 11. 28  
雨降りで寒い日曜日でした。

昼過ぎからダルマストーブに火を入れて暖をとる。

久しぶりにオニオングラタンスープを作りたくなった。

タマネギはスライスしてからいったん冷凍すると炒める時間が短縮されます。

DSCN0800.jpg


濃いきつね色に炒めてもよいが自分はこの程度が好みと言いたいが面倒くさいのでこれで良しとする。

DSCN0802.jpg


業界ではオニグラと呼んでいますこのスープは。

材料は簡単で炒めタマネギと軽くトーストしたフランスパンにニンニクを擦りこんで香を付けたものにナチュラルチーズ。

器にもニンニクを擂り香を付けて、これに猪のフォンに手を加えたコンソメスープを張りパンを入れ上からチーズを乗せ焦げ目が付くまでオーブンで焼いた熱々のスープ。

DSCN0871.jpg


日本のレストランでは小さな器で供する事が多いですが、寒い夜に大きい器にタップリ作って食べると心から温まる。



スポンサーサイト
2016. 11. 27  
辛子蓮根が食べたくて熊本県のネットで探し出したレシピで作った。

だが材料は此方で手に入る各地の物で、味噌はやはり西京味噌が合うような気がした。

味噌は京都産の西京味噌、辛子は和辛子、蓮根は山口産の泥付き蓮根。

初日は辛子味噌を詰めて冷蔵庫にて寝かし。

2日目にウコンと小麦粉、卵黄で作った衣を付けて油で揚げます。

その時に竹串で蓮根を突き刺してから鍋底に着かぬように持って揚げるとの事。

底に着くと衣に色が付くし剥がれるらしい。

ウコンの黄色も眩しく色よく仕上がりました。

DSCN0869.jpg


食味食感も思った以上に本場の物と遜色なしで満足。

DSCN0847_20161127170634b75.jpg


しかし蓮根は値段が高いですね。

今日は雨降り、ストレスが溜まってるみたい。

DSCN0867.jpg


2016. 11. 26  
雨降りで寒い。

骨付きバラと骨抜きバラで叉焼を作った。

骨抜きはタコ糸で縛り。

肉をフライパンで表面を焼く。

DSCN0859.jpg

畑からおでん大根を一本抜いてくる、まだ小さいがこれで良し。

茹で卵を作り、冷蔵庫の中にあった半額表示の賞味期限ぎりぎりの焼き豆腐。

これらを全部鍋に入れて、イオンで買った煮豚のタレ。

DSCN0830_2016112609282572c.jpg


後はコトコトとストーブに任せて45分。

DSCN0861.jpg

DSCN0831_20161126092943590.jpg

大根が鬼の様に旨い。
2016. 11. 25  
朝10時頃、雨が降ってる、鴨と雉目当てで出猟。

池にはキンクロハジロだけ。

次を廻るも芳しくない。

お昼頃、雨が土砂降り。

雉場はやめて家路に急ぐ。

いよいよ自分の猟期に入りました。

DSCN0857.jpg
2016. 11. 25  
庭の柚子で柚餅子の仕込みしました。

白味噌に砂糖、酒、みりん、刻みクルミ、柚子酢を固めに煮詰めて。

DSCN0820.jpg

中身を抜いた皮に詰め。

DSCN0821.jpg

蒸し器で30分間蒸します。
DSCN0825.jpg


冷めたら和紙で包んでテルテル坊主を作り風通しの良い場所で2か月以上干します。

この柚子は小さいので正月には出来上がるかもしれません。

DSCN0837.jpg


2016. 11. 23  
辛み大根を植えてましたが葉が元気よく青々と茂ってます。

DSCN0797.jpg

大きくなっているか試しに一本抜いてみましたらそこそこ育っていました。

この大根の葉っぱは柔らかくて少々辛みもあり美味しいです。

DSCN0799.jpg

大根を下して。

DSCN0812.jpg

御飯に鰹節と擂ったおろし大根をのせ生醤油をかければ辛み大根飯。

味は期待通り満足です、蕎麦にはもちろん魚の刺身にも。

因みにすり下ろしたあと4~5分置いておくと辛みが強烈に効いてきます、額から汗が、目からは涙、最高です。

DSCN0817.jpg


アン用に脾臓と腎臓を焼きました、自分のと分かっているので焼き上がるまで側から離れません。

DSCN0803.jpg
DSCN0804.jpg

先日、首の疣を取った後を後ろ脚で引っ搔くのでマフラーを巻かれています。

DSCN0819.jpg

2016. 11. 21  
2月にサイクロンの更新なので申請書類を貰いに警察署に行った。

今まではバラバラの書類を一枚一枚確認しながら渡してくれていたが、今回は違ってた。

全て纏めて左上にホッチキス、しかも取り出しやすい様にファイルに納めてある。

申請の銃の種類や所有数など聞いてから説明してくれた。

今度の担当さんは可なり几帳面な方みたい、春に有った銃検査の時もこの方が面接でしたがぶっきらぼうながら丁寧で悪い印象は無かった。

芋煮した、里芋、大根、ニンジン、こんにゃく、白菜、エリンギ、シメジ、豆腐とシシ肉、最後に青ネギで具沢山、腹いっぱい。

DSCN0795.jpg

DSCN0796.jpg
2016. 11. 20  
日曜日、天気は悪いがぼやぼやと生暖かい気温。

修理の為に外していたスコープを取り付けました、レザーポインターの何とかと言う奴を銃口に突っ込み調整、後は実戦で何とか。

今年の夏の暑い日、鞘と柄に柿渋塗って刃を研ぎ直し仕舞っていた猪落とし。

何処にあるのかいくら探しても見つからなかったが思わぬ所から出てきた、これでスッキリした。

和式の鞘で紐で腰に付ける様に成っていたが紐は外して革で加工し。

ベルトに下げれる様にしたがこの方が扱いやすい。

DSCN0788.jpg


娘が来てパスタを作った、パスタは好きだが最近作ってなかった。

DSCN0784.jpg


レバーの燻製上出来です、ウイスキーも漬け込みに使ったのでウイスキーに格別合います、焼酎にもワインにも。

DSCN0790.jpg

夜に家の奴がブラウンシチューを作るというので、脛肉を用意した。

煮込みには脛がよい、煮込んでも歯ごたえ残るし何よりも旨味がある。

市販のルーを使っていたがそれはそれで。

DSCN0794.jpg


時間がある時に自分が引いたフォンを使ってシチューを作ってみるか。






2016. 11. 20  
先日作った新しい足革が2本とも切れた。

カンガルーの革だとばかり思っていた革が牛革でした、色が似ていたので間違えていた。

今度は鹿の鞣し白革で作った、これは丈夫で柔らかいから簡単に切れることは無い。

DSCN0783.jpg

DSCN0782.jpg

ハマチのアラを晩酌の焼酎のつまみに塩振って焼く。

DSCN0781.jpg


猪のチャーシュー、粒マスタードで食べるとこれが意外に相性が良かった。

DSCN0779.jpg
2016. 11. 18  
ソミュール液に漬けていた3キロのレバーを塩抜き、熱湯につけて霜降り、ペットシートに挟んで水分を取り表面を乾かす。

そして燻製器にかける。

70度の温度で1時間、燻材は桜とクルミ、ピートモスで。

最後はコンベクションオーブンで安全のために熱を入れて出来上がり、一日寝かせてからの味見が楽しみ。


DSCN0727.jpg

DSCN0728.jpg

DSCN0762.jpg

DSCN0767.jpg

DSCN0771.jpg



段ボールの中からこんな物も出てきた。

写真の横にデカデカと私のフルネームがあるので、猪の下顎の牙で隠しておいた。

ずいぶん過去の事だがNHKから出演依頼が来て何度か断ったがしつこく頼まれ嫌々応じた、今日の料理の男の食彩。

懐かしい本が出てきた。

NHKから貰ったテレビ放映のビデオも出てきた。

あの時は。

蟹をテーマにフランス料理をお願いしますと突然の電話が始まり。

本を作るためにテレビ撮影の1か月前に本社から記者とカメラマンが泊まり込みで二日間の取材。

テレビ撮影は東京から5名のクルーが来て5日間位だったか。

クルーは市内のホテルに泊まって毎朝こちらに出勤、最初はの日は市内の蟹屋さんに出かけてのロケ、すごく寒かった覚えがある。

連日、こうしてくれとか、向こう向いてとか、時には笑えとか、まだ早いとか散々言われてピエロしていた、時々先生とおだてられ。

プロデューサー兼デレクターが言う事にはこのクルーで一番偉い人は照明さんですよ、と。

大河ドラマ専門の人で地方ロケなんかには決して出ない人ですが今回は進んで自分が行くと言われました、と。

その人が前の晩遅かったのか照明当てながら立って居眠りしていて、うちの奴が思わず笑っていた。

その寡黙でベテランの照明さんは無類の蟹好きらしいとの事、皆さんアルコールも大好きな感じ。

25分程の番組ですが色々大変だったが楽しませてもらった良い思い出。 

この頃は民法放送も国営放送からもちょくちょく依頼があってテレビに出ていたが、いつも記念品だけ、ギャラを貰ったのはその時が初めて、自分の口座に振り込まれていた時には嬉しかった。

そもそも我が家は松浦水軍の末裔でテレビ放映後に全国各地に散らばっている見も知らない遠い遠い親戚筋の方々であろう人の訪問を受けた、名前と顔を見ただけで皆さんピントきたと仰った、著名な陶芸作家御夫婦もその中に、本家のお姫様も、血が血を呼ぶんでしょうか、なんとも不思議な感動を受けた一年間。


DSCN0755.jpg

DSCN0761.jpg

DSCN0757.jpg

今日は庭の柚子を柚子酢を取る為に採れる範囲で収穫した、棘が痛い。

昨日NHKのテレビ、朝の番組のあさイチで見た徳島で作られるハマチのお鮨、柚子酢と塩だけで作るらしい、レシピがホームページに載っていたから引っ張り出し作る事にした。

ハマチを包丁して軽く塩して30分、それから柚子酢に漬ける。

御飯に塩と柚子酢を混ぜて酢飯を作りハマチを載せて軽く握ると出来上がり。

砂糖を使ってないのでサッパリと癖になる味、とても美味しい。

大量に出た皮は煮たり、冷凍したり、干したりと活用。

DSCN0725.jpg

DSCN0764.jpg

DSCN0769.jpg

DSCN0773.jpg

DSCN0770.jpg

プロフィール

天心坊

Author:天心坊
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR